小顔施術で全身のバランスが良くなる|実績のある医師にお任せ

顔の大きさを解消する

目を閉じる人

顔を小さくしていく方法

美容整形には小顔整形というのがあり、まさしく顔の小ささにこだわって行っていきます。顔が大きいことで悩んでいる人にとってはとても満足できる方法で、骨格自体から整えていくことができるのです。この小顔整形で行われる方法には、まず顔そのものが大きめな場合には、骨を削ったり、顔の筋肉を縮小させていくことができます。顔が大きいと感じる状態には、エラが張っていることが挙げられます。左右のエラが張っていると顔の面積が大きく見えてしまうので、これを気にする人は多いです。生まれつきのものなので、骨を削るか筋肉を縮小するしかありません。この場合、顔の側面から切開して骨を削っていきます。口を動かすことに支障のない程度に整えられ、傷跡も顔の表面からではないので目立ちません。そして、その周りに筋肉が発達していることでエラが目立つような場合は、ボトックス注入で筋肉の働きを弱らせていきます。そうすることで張りが落ち着いてくるので、全体的に小顔の印象を感じてくるようになります。この他にも、顔がパンパンに腫れているような感じならば、脂肪がついている可能性も高いです。顔についた脂肪は落ちにくいので、この場合は脂肪溶解注射で脂肪を少なくしていくことも可能です。こうすれば顔がスッキリとした印象になり、小顔に近づけることができます。このような美容整形で小顔を目指していくことが十分にできます。これ以外でも、顔の表面にメリハリをつけていく方法もあり、あごやおでこを強調することで小顔効果が感じられるかもしれません。

日本人が持つ美意識

日本人は他の国と比べて顔が小さいことにこだわる傾向があり、小さい人ほど美しいという見方ができています。この美意識は外国の人にはないことで、どうして顔が小さいことに美意識を持つのか不思議に思われているほどです。しかし、アジア人の体型は身長もさほど高くないことから、顔が大きいとバランスが悪く見えてしまうという理由も考えられます。日本のファッションでも小顔効果が出せるコーディネートが人気のように、その文化が根強いことが分かります。実際にプロのファッションモデルの人は背が高く、やはり小顔で全体的にバランスの整った人たちがほとんどです。バランスが悪ければせっかくおしゃれをしてもいい感じに見えないこともあるので、実に細かいところまでこだわった美意識なのです。そういったこだわりを実現させてくれるのが小顔整形で、隠し切れない顔の大きさを解消してくれます。長い間コンプレックスに感じていた人でも、美容外科で1度診てもらうことで、最適な方法を医師が提案してくれるので諦める必要もありません。顔の大きさに関しては、体格と同様に生まれつきのものです。ファッションやヘアスタイルでいくらでも小顔を演出していくことはできますが、やはりもとからそうでなければ満足はできません。納得のいく状態を求めたいのであれば、美容整形に頼っていくことが一番です。こういうことから、その原因を作り出している状態を診ていき、そこから原因を取り除くようにしていくのが小顔整形です。安全にそして満足できる大きさを目指して、スッキリとシャープな印象へ実現させてくれます。