小顔施術で全身のバランスが良くなる|実績のある医師にお任せ

顔の大きさは変えられる

微笑む中年女性

憧れる人が多い

どんな顔になりたいと思いますか。もっと小さな顔だったら良いと思っている人は多いのではないでしょうか。芸能人を見ていると、小顔の人がとても多いです。自分もあのような顔になりたいと思いませんか。芸能人を見れば見るほど自分もああなりたいという気持ちが強くなることもあります。また、女性は美意識が強い人が少なくありません。より美しくなるためには、顔の大きさを変えることも大事だと思うことがあるでしょう。顔のパーツを大きく見せるためには小顔になる必要があると考える人だっています。ただ、顔の大きさを変えるのは自力ではなかなか変えられません。ダイエットしても顔の脂肪はすぐに落ちてくれないでしょう。マッサージをしたり、むくみを取るようにしたりとあらゆる工夫をしても難しいと思って、整形を選択する人がいます。今では、整形と言ってもかなり患者への負担が軽くなっているので、抵抗があまりない人が多くなりました。これも、小顔整形の人気が出た理由の一つです。顔のサイズを変えるだけなら、さほど抵抗がない人が多いのです。痩せた印象を与えることもできるでしょうし、目や鼻などのパーツを強調できるので、満足する人も多いです。顔が小さくなると、今まで我慢していた洋服を着られるようにもなるでしょう。いつだって美しくありたいと願う女性は多いです。その女性たちの願いを小顔整形はかなえてくれます。だから、多くの女性が美容外科へ行って、治療してもらうようになり、今ではかなり人気が高くなっています。

手軽な方法も

小顔整形とは、どのような方法で治療するのでしょうか。エラが張っている場合は、骨を削ることもあります。ただ、骨を削ることに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。患者への負担も大きいので、避けたいと思うのなら、ボトックス注射があります。エラにボトックス注射するだけで良い方法です。エラが張っていた人も、かなり顎のラインがシャープになります。注射だけという手軽な方法ですが、効果が数か月しか続かないため、ずっと効果を持続させるためには、定期的に美容外科へ通って、ボトックス注射をし続けましょう。骨を削る場合は効果がずっと続くため、効果の持続性を考えると、骨を削ったほうが良いのかもしれません。エラを小さくするだけでも、顔の印象が全く変わってくるため、エラを何とかしたいと思っている人におすすめの方法です。顔の脂肪を減らすのなら、脂肪吸引や脂肪溶解注射という方法があります。脂肪溶解注射は、特殊な薬剤を気になるところに注射して、脂肪を溶かすというものです。この方法では、そのまま放置すると薬剤が1か所にとどまってしまうので、マッサージしましょう。そうすると、脂肪細胞が溶けて体外へ排出されます。脂肪吸引は、しわの部分を少しだけ切開して管を入れて脂肪を吸い取ってしまいます。今では、切らない脂肪吸引もあるので、どうしても切開したくない人は、切らない方法を選ぶと良いでしょう。注射もありますし、本格的に顔を小さくする方法もあります。良く考えてから結論を出して下さい。一番良い方法で、小顔になりましょう。